Simple Site



仕事のモチベーション

仕事についてどう捉えるかによ仕事のモチベーションは変わります。いっそのことRPGと仕事は同じようなものと関連づけると良いかもしれません。
最初は新入社員とか 何も職場の人間関係も どこに何があるかも作業内容もわかりません。でも、上司からの教えや、個人学習、または経験により 仕事のルールやコツをどんどん学んでいきます。だいたい一ヶ月ほどしたら 見習いなみの仕事はできるようになります。そこから上を目指す人もいれば 見習い程度で満足して努力を怠る人もいます。また合わないと思ったら ゲームオーバーつまり辞めてしまう人もいます。
私が半年くらい続く仕事は 見習いまで苦労して それ以外も魔法ならぬ技を覚えるのに苦労します。メモしたり脳内訓練したり 反復して ようやく 軽い一人前になる仕事もありました。しかし私の仕事あるあるですが、せっかく苦労してそこまで仕事覚えて 本当に夢みたいな なんらかの事情で仕事を辞めてしまうことが多いです。
なので、仕事のレベルアップとか 強い段階になるのとか そういうルールがない 仕事、つまりランサーズの作業や短期の仕事を集中して入り稼ごうと思います。

学生のアルバイト

私も学生時代アルバイトの経験はあります。学生時代は小遣いを稼ぐ為だけにやっていました。大人になって、自分がアルバイトを採用して仕事をしてもらう立場になるとできるアルバイトとできないアルバイトの違いがよくわかってきます。 まず決められた日以外は絶対休まない人は雇い入れる側にとっては非常にいいアルバイトです。仕事が好く出来ても、不定期に休まれる日とはあまりあてには出来ません。 公休日以外は休まず遅刻もしなく仕事が好く出来るアルバイトは会社にとって非常に有利です。はっきり言えばヘタな社員やパートより仕事がまかせれてあてになります。会社によってはこういう人をそのままの時給で使い続けて結局辞められて困ったという経験が多くあると思います。会社にとって役立っているあてになるアルバイトは時給で優遇してやると、本人も認められたことがわかり更に仕事に励んでくれます。最終会社側と本人が合意すれば正社員として採用すれば、教育しなくとも一番いい新入社員が入社してくれます。アルバイトの人は仕事にやりがいを覚え、仕事の成果が給与に繋がると言うことがわかります。そしてアルバイトであれ認められることにより社会に揉まれ人間的に成長します。先述したように最終的に正社員になれば早い時期に中枢社員になれる可能性も高いです。このようにたかがアルバイトでも会社の将来、自分の将来に繋がる場合があります。アルバイトから人生が変わることもあるのです。